UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Linux - VNC Serverのインストール




Linux上でリモート操作を行う場合はSSHが基本ですが、何らかの理由でGUI操作をしたい場合、リモートデスクトップではなくVNCを用いることが一般的です。リモートにあるLinuxのVNCサーバをクライアントのWindowsから操作を行うという前提です。まず、VNC Serverをインストールします。

# yum install tigervnc-server
# rpm -qa | grep vnc
tigervnc-server-1.1.0-8.el6_5.x86_64

/etc/sysconfig/vncserversを編集します。下記のtestというのはアカウント名なので適宜置き換えてください。

# vi /etc/sysconfig/vncservers

# VNCSERVERS="2:myusername"
# VNCSERVERARGS[2]="-geometry 800x600 -nolisten tcp -localhost"

VNCSERVERS="1:test"
VNCSERVERARGS[2]="-geometry 1024x768 -nolisten tcp"

testアカウントにsuを行い、パスワード設定を行います。

# su - test
$ vncpasswd
Password:
Verify:

rootでvncserverをスタートします。

# /etc/rc.d/init.d/vncserver start

GUIでGnomeが起動するようtestアカウントで下記のファイルを編集します。

# su - test
$ vi ~/.vnc/xstartup

#xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
#twm &
gnome-session &

これでLinux上でGnomeが起動しますのでVNCクライアントソフトを用いてアクセスしてみます。以下のサイトからRealVNCをダウンロードし、インストールします。

http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se324464.html


インストールした後にこのソフトを起動すると以下の画面が表示されるので「宛先IP:1」と入力します。:1というのはポート番号5901を表します。


その後、パスワードの入力画面が表示されるのでvncpasswdコマンドで入力したパスワードを入力します。


認証に成功するとLinuxのGnome画面が表示され、GUI操作が可能な状態となります。




 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.