Cisco CT5508の初期化

■CT5508の初期状態へ

無線LANコントローラ CT5508の初期セットアップ手順で行った設定をもう一度やりなおしたい、設定をすべてクリアにして最初から再設定したい場合などには現在の設定をクリアすることができます。

やはり初期セットアップと同様にコンソール接続から行います。コンソールを繋いだ状態でCT5508の電源をいれると下記のログが流れます。

WLCNG Boot Loader Version 1.0.16 (Built on Feb 28 2011 at 13:14:54 by cisco)
Board Revision 1.3 (SN: ***********, Type: AIR-CT5508-K9) (P)

Verifying boot loader integrity... OK.

OCTEON CN5645-NSP pass 2.1, Core clock: 600 MHz, DDR clock: 330 MHz (660 Mhz data rate)
FPGA Revision 1.7
Env FW Revision 1.8
USB Console Revision 2.2
CPU Cores:  10
DRAM:  1024 MB
Flash: 32 MB
Clearing DRAM........ done
Network: octeth0', octeth1
  ' - Active interface
  E - Environment MAC address override
CF Bus 0 (IDE): OK 
IDE device 0:
 - Model: STEC M2T CF 1.0.0 Firm: K1367MIX Ser#: STIM2M9512193033847
 - Type: Hard Disk
 - Capacity: 977.4 MB = 0.9 GB (2001888 x 512)


Press <ESC> now to access the Boot Menu...


上の「Press <ESC> now to access the Boot Menu…」が表示された数秒間の間にESCキーを押すと以下のログが表示されます。

============================================================
 Boot Loader Menu
============================================================

 1. Run primary image (7.0.235.0) - Active
 2. Run backup image (6.0.199.4)
 3. Change active boot image
 4. Clear configuration
 5. Format FLASH Drive
 6. Manually update images

------------------------------------------------
                                                                               
Enter selection:


設定をクリアしたいので4を入力するとConfigClearになり、自動的に再起動がかかります。再起動後は初期セットアップと同様の手順で設定を行うことになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする