ESXi 5.5 vCSAにESXiホストを追加

■vSphere Web Clientにログインする

vSphereには従来、vSphere ClientというスタンドアローンのアプリケーションがVMwareから無償提供されているのですが、Ver5.1からはvSphere Web Clientからの管理にシフトしていく予定であり、従来からの機能はvSphere Clientでも操作可能ではありますがVer5.5から新たにサポートされた機能についてはWeb Clientからのみ提供されます。Web ClientからのログインURLは以下のようになります。

https://192.168.12.100:9443/vsphere-client/#
( IPアドレスは実際のものと置き換えてください )

ブラウザでアクセスすると以下のような画面が表示されます。

初期ID / PASSは「root / vmware」です。ログインすると以下の画面が表示されます。

ver5.5からは基本的にこの画面から操作を行います。

■vCSA ( vCenter Server Applicance ) 5.5にESXiホストを追加する

まずvCenter ServerにvSphere Web Clientでログイン後、データセンターを追加します。ログイン直後の画面上で左側のメニューで「vCenter」をクリックした後に「データセンター」をクリックします。



左上のデータセンター追加のアイコンをクリックします。



ポップアップが表示されるので、データセンター名を入力しOKボタンをクリックします。



これでデータセンターが作成されました。続いて作成したデータセンターにESXiホストを追加します。下記のアイコンをクリックします。




ポップアップ画面が表示されます。まずESXiホストのIPアドレスを入力します。




続いてESXiホストへのログイン情報を入力します。




セキュリティアラートが表示されますが気にせずに「はい」を選択して先にすすめます。




サマリが表示されます。次へをクリックしてください。




ライセンスキーを割り当てます。とりあえず評価モードで60日間は使用可能で有効期限には60日後の日付が表示されています。次へをクリックします。




ロックダウンモードを有効にするか否か選択します。迷う場合はチェックを入れずに無効にしておくので良いと思います。




仮想マシンの場所についてはそのまま次へをクリックします。




最後に終了ボタンをクリックします。





以上でvCSAにESXiホストを追加する作業は完了となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする