UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Cisco - Cisco Discovery Protocol



CDP ( Cisco Discovery Protocol ) とは文字通りシスコ独自のプロトコルであり、レイヤ2で動作するデバイス検出プロトコルです。シスコのルータ、スイッチであればどの機種でもサポートされています。


新規にネットワーク機器を導入し一から構築していく場合には当然ながら物理的な構成やアドレスなどもすべて把握できるのでCDPは必要ないかもしれません。よく他社が構築したネットワークでアドレスや接続インターフェイスもいまいち不明確といった場合に重宝する機能です。


CDPはデフォルトで有効となっておりマルチキャストアドレスを使用して60秒毎にメッセージを送受信しホスト名やポートID、IPアドレスなどの情報を交換します。そしてそれらの情報は180秒間保持され、それを過ぎると情報は破棄されます。ネットワークのすべてを把握できているのならこれらは無駄なパ ケットとなりますので有効にしていても意味がありません。実案件ではあえて無効に設定しているのをよくみかけます。


CDPのデフォルト設定は以下のようになっています。


機能 デフォルト設定
グローバル 有効
インターフェイス 有効
タイマー(パケット更新頻度) 60秒
ホールドタイム(廃棄までの時間) 180秒
バージョン2アドバタイズ 有効


CDP自体を無効にするには以下のコマンドを実施しま す。これはグローバルに無効化なので全ポート無効となります。


(config)# no cdp run

上記のグローバルに設定する方法の他、下記のようにポート単 位にCDPを有効/無効を設定することも可能です。


(config)# interface GigabitEthernet1/0/1
(config-if)# no cdp run

CDPの細かいパラメータを変更するには以下のコマンドを実施します。ただ、特に変更の必要があるケースはないと思われます。


(config)# cdp timer 50
(config)# cdp holdtime 120
(config)# cdp advertise-v2


パラメータを確認する場合は以下のshow cdpコマンドを実行します。

# show cdp
Global CDP information:
Sending CDP packets every 60 seconds
Sending a holdtime value of 180 seconds
Sending CDPv2 advertisements is enabled


隣接デバイス一覧を取得したい場合は以下のコマンドを実行します。但し、このコマンドはIPアドレスまでもは取得できません。

# show cdp neighbors

Capability Codes: R - Router, T - Trans Bridge, B - Source Route Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater, P - Phone,
D - Remote, C - CVTA, M - Two-port Mac Relay

Device ID Local Intrfce Holdtme Capability Platform Port ID
host1 Gig 1/0/1 128 R S I WS-C3750V Gig 1/0/1
host2 Gig 1/0/1 121 R S I WS-C3750V Gig 1/0/1
host3 Gig 1/0/1 166 R S I WS-C3750V Gig 1/0/2
host4 Gig 1/0/1 162 R S I WS-C3750V Gig 1/0/1

IPアドレスまで取得しようと思うとオプションでdetailをつける必要があります。


# show cdp neighbors detail

-------------------------
Device ID: host1
Entry address(es):
IP address: 192.168.0.1
Platform: cisco WS-C3750V2-24TS, Capabilities: Router Switch IGMP
Interface: GigabitEthernet1/0/1, Port ID (outgoing port): GigabitEthernet1/0/1
Holdtime : 177 sec

Version :
Cisco IOS Software, C3750 Software (C3750-IPSERVICESK9-M), Version 15.0(2)SE, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2012 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Sat 28-Jul-12 00:16 by prod_rel_team

advertisement version: 2
Protocol Hello: OUI=0x00000C, Protocol ID=0x0112; payload len=27, \
value=00000000FFFFFFFF010221FF00000000000008CC68764D80FF0000
VTP Management Domain: ''
Native VLAN: 1
Duplex: full
Power Available TLV:

Power request id: 0, Power management id: 1, Power available: 0, Power management level: -1
Management address(es):
IP address: 192.168.0.1

送受信したパケット数やエラーなどを表示する場合は以 下のコマンドを実施します。


# show cdp traffic

CDP counters :
Total packets output: 2503269, Input: 1164154
Hdr syntax: 0, Chksum error: 0, Encaps failed: 0
No memory: 0, Invalid packet: 0,
CDP version 1 advertisements output: 0, Input: 0
CDP version 2 advertisements output: 2503269, Input: 1164154


 関連記事
 VLAN操作
 PrivateVLANの設定
 EtherChannelの設定
 StormControlの設定
 DHCP Snoopingの設定
 Catalyst QoSの設定
 SpanningTreeProtocolの 設定
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.