UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Cisco - Cisco パスワードリカバリ



■パスワードリカバリ


Cisco機器を触っていて数的には少ないかもしれませんが、検証機などのパスワードがわからないといったケースがでてきます。


そういった場合にパスワードをリカバリする方法を以下に示します。実際に動作確認を行う機器はCisco1812Jです。


Cisco1812JとノートPCをコンソールで接続し、TeraTermで操作します。まず電源を入れて起動する際にBreak信号を送信してROMMONモードに落とします。


System Bootstrap, Version 12.3(8r)YH12, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 2007 by cisco Systems, Inc.
C1800 platform with 131072 Kbytes of main memory with parity disabled


上記の起動ログが表示され始めたらControlメニューからSendBreakを選択します。もしくはALT+Bでも同様の操作をすることができます。



そうすることでROMMONモードに入れます。以下、ROMMONでの操作になります。


rommon 1 > confreg 0x2142
rommon 2 > reset


コンフィグレーションレジスタを0x2142に書き換え、起動時にstartup-configを読み込まないように設定し、再起動をかけます。resetコマンドで再起動したあとは最初の起動のように以下のメッセージが表示されます。


         --- System Configuration Dialog ---

Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: no


ここでnoを入力し、以下の操作を行います。


# copy startup-config running-config

(config)# aaa authentication  login  default local
(config)# enable secret *******
(config)# username user password ******

(config)# config-register 0x2102

# write memory
# reload


認証の設定を行い、パスワードを強制的に上書きしてからコンフィグレーションレジスタを0x2102に戻して保存し再起動します。
再起動後は上で設定したパスワードが使えるようになっていますので、これでパスワードリカバリは完了です。


 関連記事
 Ciscoルータの初期設定
 Ciscoルータの基本操作
 パスワードリカバリ
 AAA/RADIUSの設定
 時刻修正
 Syslogの設定
 SPAN / Wiresharkの設定
 SNMPの設定
 PerlでCisco機器を操作
 CiscoIOSのアップグレード
 CiscoIOSのバージョン表記(15系)
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.