UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
  Top - Solaris8 - Solaris インストール



■開発環境の整備

Solarisにはデフォルトでは開発環境は入っておらずOSインストール後に自分でインストールする必要があります。

私がインストールしたソフト一覧は次の通り。


autoconf-2.53-sol8-sparc-local.gz
automake-1.6-sol8-sparc-local.gz
bash-2.05-sol8-sparc-local.gz
bc-1.06-sol8-sparc-local.gz
binutils-2.11.2-sol8-sparc-local.gz
bison-1.34-sol8-sparc-local.gz
bzip2-1.0.1-sol8-sparc-local.gz
cpio-2.4.2-sol8-sparc-local.gz
fileutils-4.1-sol8-sparc-local.gz
findutils-4.1-sol8-sparc-local.gz
flex-2.5.4a-sol8-sparc-local.gz
gawk-3.1.0-sol8-sparc-local.gz
gcc-2.95.3-sol8-sparc-local.gz
gdb-5.0-sol8-sparc-local.gz
gzip-1.3.3
gdbm-1.8.0-sol8-sparc-local.gz
gettext-0.10.37-sol8-sparc-local.gz
libgcj-2.95.1-sol8-sparc-local.gz
libpcap-0.6.2-sol8-sparc-local.gz
libtool-1.4-sol8-sparc-local.gz
m4-1.4-sol8-sparc-local.gz
make-3.79.1-sol8-sparc-local.gz
md5-6142000-sol8-sparc-local.gz
ntp-4.1.1a-sol8-sparc-local.gz
proftpd-1.2.1-sol8-sparc-local.gz
readline-4.2-sol8-sparc-local.gz
sed-3.02-sol8-sparc-local.gz
tar-1.13.19-sol8-sparc-local.gz
texinfo-4.0-sol8-sparc-local.gz
zlib-1.1.4-sol8-sparc-local.gz


これらのソフトは次のコマンドでインストールできます。


$gunzip ******.gz
$pkgadd -d ./******


■ログの出力

Solarisではデフォルトで出力されるログが少なくシステムの状態が把握しにくいので意図的にログ出力を増やすことをお勧めします。具体的には/etc/syslog.confに以下の記述を追加します。


mail.debug               /var/log/maillog
auth.debug               /var/log/authlog
news.debug               /var/log/newslog
daemon.debug       /var/log/daemonlog
cron.debug               /var/log/cronlog


空いたスペースはtabでなければならないので注意してください。またこのままだと意図的に増やしたログは溜まり続ける一方なのでこれを定期的にローテイトする必要があります。Solarisにはデフォルトで/usr/lib/newsyslogというシェルスクリプトでローテイトするよう設定されていますが、私の場合はこれを使わず以下のPerlスクリプトを用意してcronで定期的にローテイトするよう設定しました。


/var/adm以下のログローテイトスクリプト


#!/usr/bin/perl

$log='/var/adm';
@log_file=('lastlog','messages','sulog','utmpx','wtmpx','vold.log');
$count1=0;
$count2=5;

for $i (@log_file){
        if(-f "$log/$i$count2.gz"){
                system("rm -rf $log/$i$count2.gz");
        }
        for($j=4;$j>=0;$j--){
                if(-f "$log/$i$j.gz"){
                        $target=$j+1;
                        system("mv $log/$i$j.gz $log/$i$target.gz");
                }
        }

        if(-f "$log/$i.gz"){
                system("mv $log/$i.gz $log/$i$count1.gz");
        }

        system("/usr/local/bin/gzip $log/$i");
        system("mv $log/$i.gz $log/$i$count1.gz");
        system("cp /dev/null $log/$i");
        system("chmod 644 $log/$i");
}

system("/etc/init.d/syslog stop;/etc/init.d/syslog start");


/var/log以下のログローテイトスクリプト


#!/usr/bin/perl

$log='/var/log';
@log_file=('authlog','cronlog','daemonlog','sshd.log','syslog','tcpd.log');
$count1=0;
$count2=7;

for $i (@log_file){
        if(-f "$log/$i$count2.gz"){
                system("rm -rf $log/$i$count2.gz");
        }
        for($j=7;$j>=0;$j--){
                if(-f "$log/$i$j.gz"){
                        $target=$j+1;
                        system("mv $log/$i$j.gz $log/$i$target.gz");
                }
        }
        if(-f "$log/$i.gz"){
                system("mv $log/$i.gz $log/$i$count1.gz");
        }
        system("/usr/local/bin/gzip $log/$i");
        system("mv $log/$i.gz $log/$i$count1.gz");
        system("cp /dev/null $log/$i");
        system("chmod 644 $log/$i");
}

system("/etc/init.d/syslog stop;/etc/init.d/syslog start");


これらのスクリプトを適当な名前で適当なディレクトリに保存し実行権限を与えて/var/spool/cron/crontabs/rootに書き込んで定期的に実行するようにしました。


■ネットワークの設定

ネットワークの設定ファイルは具体的に次のファイルになります。


/etc/netmasks
/etc/resolv.conf
/etc/defaultrouter
/etc/nodename
/etc/hosts
/etc/hostname.xxx


/etc/netmasks

192.168.0.0 255.255.255.0
このようにネットワークアドレスとネットマスクを入れます。デフォルトで記述されているはずです。


/etc/resolv.conf

domain yourdomain.com
nameserver 210.xxx.xxx.xxx
nameserver 203.xxx.xxx.xxx
このように属するドメインと、ネームサーバのIPアドレスを記します。セカンダリネームサーバがいらないのであれば特に記述する必要はありません。不便だけど。デフォルトでは存在しないので作成する必要があります。


/etc/defaultrouter

192.168.0.1
このように、お使いのルータ(ゲートウェイ)のIPアドレスを記します。ダイヤルアップルータを使っている人は良くここでつまづきます。この設定がないと、LAN内のアクセスは可能ですが、基本的に外部へ出ることが出来ません。デフォルトでは存在しないファイルなので作成してやる必要があります。


/etc/hosts

192.168.0.3 host2
192.168.0.4 host3
このネットワークに入っている端末を記します。デフォルトではこのホストがloghostとなっていますが、これは特に気にする必要はありません。エイリアスのようなもので、syslogの設定時に使用されます。不要であればloghostの部分は消しても構いません。


/etc/hostname.xxx

hostname
デバイスやアーキテクチャによってxxxは変わります。一般にSparcだったらhme0、Intelで3comだとelxl0等になります。中身にはホスト名を記述します。デフォルトで記述されています。




 
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.