UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Linux - VMware ESXi データストア ( NFS )の追加




ESXiでNFSデータストアを追加する手順のメモ書きです。


データストアはESXiのローカルディスクにインストールすることもできますがHAなどを構成する場合は共有データストアが必須となります。共有ストレージで使用できるのは以下の3つとなります。


タイプ 説明 
FC-SAN  FC-SANは「ファイバーチャネル」と呼ばれる専用のプロトコルを利用してデータを高速に転送します。ただし、FC-SANを利用するには専用のHBA ( Host Bus Adapter )とFCスイッチが必要であるため他の共有ディスクと比べて割高となり導入の敷居も少々高くなります。 
iSCSI  iSCSIは通常のLANを経由してSCSI命令のやり取りを行い共有ディスクへアクセスする技術です。ESXiでは専用のハードウェアイニシエーターも利用できますが、一般的にはLANのNICが利用されることが多いです。これによりFCよりも導入コストが安価に収まります。 
NAS  NASは通常、NFS( Network File System )やSMB ( Server Message Block )という2種類のプロトコルを利用して共有ディスクへアクセスを提供する技術です。この手法が最も安価で導入敷居が低いのですがパフォーマンスはその分、他の2つと比較して見劣りする部分はありますが、決定的に違うというほどでもありません。機能検証や高度なパフォーマンスを求められることがなければNASを選ぶのが効率的と言えます。 


いずれを選択してもファイルシステムはVMFS ( Virtual Machine File System ) という形式でフォーマットされます。VMFSはVMware社が開発したESXi専用の独自のファイルシステムです。NTFSやEXT4などのファイルシステムはこのVMFSの上から構築されることになり、理論上パフォーマンスの低下は必至ですが、大幅に下ることはありません。上の3つでESXiで使用できる機能も異なりますのでそれの一覧を下記にまとめます。


ストレージタイプ  vMotion / HA  RDM  MSFC  vStorage APIs
for DataProtection 
vStorage APIs
for Array Integration 
ローカル  × × ○  ×
FC-SAN  ○ 
iSCSI  × ○ 
NFS  × × ○ 


VMFSには従来からのVMFS3とESXi5.0からサポートされたVMFS5というバージョンがあります。特別な事情がなければ機能拡張された5.0を使用することが奨励されます。以下、VMFS3とVMFS5との比較表です。


特徴  VMFS3  VMFS5 
LUNの最大サイズ  2TB-512Byte  64TB 
エクステントの数  32  32 
VMFSボリュームの最大サイズ 
( エクステント含む )
64TB 64TB 
2TB以上の物理RDMサポート  × ○ 
ブロックサイズ  1 / 2 /4 / 8MB 1MB 
パーティション MBR  GPT 
ボリューム1つあたりのファイル数  30,720  130,690 


ここではNFSサーバを利用します。CentOSでNFSサーバを参照してNFSを構築しているという前提でIPアドレスは192.168.12.20です。また、ESXiホストに直接接続ではなくvCSAにvSphere Clientから接続して作業を行います。



■NFSデーターストアを追加する


データストアを追加するにはvSphere ClientからvCSAに接続して操作を行います。左メニューのESXiホストをクリックし、「構成」-「ストレージ」-「ストレージを追加」をクリックします。



NFSのデータストアを追加しますのでネットワークファイルシステムを選択し次へをクリックします。



サーバ、フォルダ、データストア名をそれぞれ入力して次へをクリックします。



確認画面が表示されますので良ければ終了をクリックします。



データストアが追加されました。



以上でデータストア追加は完了です。



 

 関連記事
 ゲストOSのインストール
 NFSサーバの構築
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.