UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Linux - VMware ESXi5.5 ストレージパスマネジメントの設定



■ストレージパス表記

以下はiSCSIのパスを表した画面です。この中でランタイム名の部分に注目します。




ランタイム名はパス表記を簡素化したもので次の要素から構成されます。

項目 説明
vmhba# ホストバスアダプタ番号、ESXi番号に搭載されているHBA物理ポート
C# チャネル番号、iSCSIソフトウェアイニシエータのマルチパス時に利用する。
他の接続方式ではこの値は常に0になる
T# ターゲット番号、ストレージアレイ側の物理ポート
L# LUN番号 


■PSA ( Pluggable Storage Architecture )

ESXiではモジュラーストレージアーキテクチャの概念が取り入れられています。これによりESXiで利用可能なプラグインをストレージベンダーが開発し、ESXiとストレージアレイ間のIOを最適化するためのパスの選択や冗長性を確保できるようになります。デフォルトではVMwareが提供するNative Multipath Driver ( NMP ) が利用可能で実務においてもよく利用します。実際の現場においてもストレージベンダーが提供するパス管理の有償ソフトが利用されることはあまりありません。

PSAの位置づけおよび概念図は以下の通りです。

○ 論理デバイスのI/Oスケジューラと物理デバイスのI/Oスケジューラの合間に介在する
○ ストレージアレイを認識し、適切なアルゴリズムを選択する。
○ パス障害時のフェイルオーバー処理を実施する



■MPP ( Multi-Pathing Plugin )

PSAはMPPと呼ばれるモジュールをロードし、ストレージアレイに応じて適用するマルチパスポリシーを自動選択します。




■VMware NMP ( Native Multi-Pathing Plugin )

NMPはESXiに標準で実装されているマルチパス機構です。MPPの一種として実装されており、ESXiの全てのエディションで利用可能です。




■NMPの種類 ( SATPとPSP )

NMPはSATP ( Storage Array Type Plugin ) とPSP ( Path Selection Plugin ) という2種類のプラグインで構成されます。SATPはパス障害時にIOアクセスパスを切り替えるための機構です。PSPは論理デバイスへのIOリクエストに対する物理パスを選択する機構です。双方ともストレージベンダーのモジュールを追加構成することができます。

vShpereではSAN構成で共有ストレージを認識したい場合はストレージの種類によって自動的にSATPを選択し、さらに既定のルールに従ってPSPを選択して利用するよう自動設定されます。

SATPおよびPSPのリストは以下のコマンドで表示することができます。

~ # esxcli storage nmp satp list
Name                 Default PSP    Description
-------------------  -------------  ------------------------------------------
VMW_SATP_MSA         VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_ALUA        VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_DEFAULT_AP  VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_SVC         VMW_PSP_FIXED  Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_EQL         VMW_PSP_FIXED  Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_INV         VMW_PSP_FIXED  Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_EVA         VMW_PSP_FIXED  Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_ALUA_CX     VMW_PSP_RR     Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_SYMM        VMW_PSP_RR     Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_CX          VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_LSI         VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_DEFAULT_AA  VMW_PSP_FIXED  Supports non-specific active/active arrays
VMW_SATP_LOCAL       VMW_PSP_FIXED  Supports direct attached devices

~ # esxcli storage nmp psp list
Name           Description
-------------  ---------------------------------
VMW_PSP_MRU    Most Recently Used Path Selection
VMW_PSP_RR     Round Robin Path Selection
VMW_PSP_FIXED  Fixed Path Selection

通常、PSPはVMware社の互換性ガイドに記載のあるPSPが選択されます。ところが複数のPSPをサポートするストレージでラウンドロビン方式のPSPを利用する場合にはストレージを認識後にPSPを手動で変更する必要があります。例えばLUNを新規作成後やESXiホストの再起動した場合などが該当します。こういったときに自動でお望みのPSPが適用されるようデフォルトPSPを以下のコマンドにて変更することができます。

~ # esxcli storage nmp satp set -s VMW_SATP_DEFAULT_AA -P VMW_PSP_RR
Default PSP for VMW_SATP_DEFAULT_AA is now VMW_PSP_RR
~ # esxcli storage nmp satp list
Name                 Default PSP    Description
-------------------  -------------  ------------------------------------------
VMW_SATP_MSA         VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_ALUA        VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_DEFAULT_AP  VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_SVC         VMW_PSP_FIXED  Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_EQL         VMW_PSP_FIXED  Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_INV         VMW_PSP_FIXED  Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_EVA         VMW_PSP_FIXED  Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_ALUA_CX     VMW_PSP_RR     Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_SYMM        VMW_PSP_RR     Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_CX          VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_LSI         VMW_PSP_MRU    Placeholder (plugin not loaded)
VMW_SATP_DEFAULT_AA  VMW_PSP_RR     Supports non-specific active/active arrays
VMW_SATP_LOCAL       VMW_PSP_FIXED  Supports direct attached devices



 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.