UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Linux - VMware ESXi SNMPの設定



■SNMP Agentの構成

ESXi5ではデフォルトでSNMPが有効になっていません。vSphere CLIを使ってSNMPを有効にし、Trap送信するよう設定します。設定内容は以下とします。

項目
ESXi IPアドレス 192.168.1.160 
community / port public / 161
Trap通知先@Port / community test.com@162 / public


まず現在の設定を確認します。

# vicfg-snmp --server 192.168.1.160 -s
Current SNMP agent settings:
Enabled : 0
UDP port : 161

Communities :

Notification targets :

Options :
EnvEventSource=indications
loglevel=info


以下のコマンドでsnmpを有効にします。

# vicfg-snmp --server 192.168.1.160 -c public -t test.com@162/public
Changing community list to: public...
Complete.
Changing notification(trap) targets list to: test.com@162/public...
Complete.

# vicfg-snmp --server 192.168.1.160 -E
Enabling agent...
Complete.

# vicfg-snmp --server 192.168.1.160 -s
Current SNMP agent settings:
Enabled : 1
UDP port : 161

Communities :
public

Notification targets :
test.com@162/public

Options :
EnvEventSource=indications
engineid=00000063000000a1c0a801a0
loglevel=info


ここまで完了したら以下のコマンドでテストを行うことができます。

# vicfg-snmp --server 192.168.1.160 -T
Sending test nofication(trap) to all configured targets...
Complete. Check with each target to see if trap was received.


■MIBファイルの組み込み

トラップのテストが完了したら SNMP マネージャに vSphere の MIB 情報を組み込みます。 vSphere の MIB 情報は VMware のダウンロードサイトからダウンロード可能です。

最新の MIB 情報はこちらからダウンロード可能です。

私はLinuxのsnmptrapを使用しておりますので以下のように組み込みました。

# cp vmw/* /usr/share/snmp/mibs
# /etc/rc.d/init.d/snmptrapd restart



 
 関連記事
 SNMP Managerの設定
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.