UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
  Top - WindowsServer - Active Directory ドメインの機能レベル




A
ctiveDirectoryには過去のバージョンと互換性を保つべく「機能レベル」という概念があります。機能レベルは上げることのみ可能で下げることは不可能です。


機能レベルにはドメインの機能レベルとフォレストの機能レベルがあります。ドメインの機能レベルはそのドメインのドメインコントローラとして許可される最小バージョンを意味します。


ドメインの機能レベル ドメインコントローラ
Windows2000混在 WindowsNT4.0 BDC Windows2000 Server WindowsServer 2003
Windows2000ネイティブ Windows2000 Server WindowsServer 2003 WindowsServer 2008
WindowsServer 2003 中間 WindowsNT4.0 BDC WindowsServer 2003
WindowsServer 2003 WindowsServer 2003 WindowsServer 2008
WindowsServer 2008 WindowsServer 2003 WindowsServer 2008


一方、フォレストの機能レベルはそのフォレストのドメインとして許可される最小のドメイン機能レベルを意味する。


フォレストの機能レベル ドメインの機能レベル
Windows2000 Windows2000混在 Windows2000ネイティブ WindowsServer2003中間 WindowsServer2003 WindowsServer2008
WindowsServer2003中間 WindowsServer2003中間 WindowsServer2003
WindowsServer2003 WindowsServer2003 WindowsServer2008
WindowsServer2008 WindowsServer2008


Windows 2000の機能レベルはドメインのみに存在し「Windows 2000混在」と「Windows 2000ネイティブ」の2つでした。その後、Windows Server 2003でフォレストの機能レベルが導入されるとともに「Windows Server 2003」機能レベルと「Windows Server 2003中間」機能レベルが追加されました。Windows Server 2003中間は、Windows NTのドメインコントローラとWindows Server 2003のドメインコントローラのみ、つまり、Windows 2000 Serverのドメインコントローラを含まないドメインで利用できる特殊なレベルです。

Windows Server 2003中間にするには、Windows NT 4.0ドメインをWindows Server 2003に直接アップグレードする必要があり さらにWindows Server 2008では「Windows Server 2008」機能レベルが追加されました。それとともに、Windows NTドメインコントローラとの共存ができなくなり、Windows 2000混在およびWindows Server 2003中間がなくなっています。


機能レベルが違うと利用可能な機能に差異があります。全てのドメインコントローラがWindows2008であれば機能レベル「Windows2008」を利用するようにしましょう。


■実際の手順


ドメインの機能レベルについてActiveDirectoryユーザとコンピュータ GUIツールから操作を行えます。



フォレストの機能レベルについてActiveDirectoryドメインと信頼関係 GUIツールから操作を行えます。




 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.