AlmaLinux8 最初にやること

スポンサーリンク

AlmaLinux8をインストールして最初にやることをメモ書きにします。

■リポジトリおよび全体アップデート

※epelのインストール
dnf install epel

※elrepoのインストール
rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org                                            
dnf -y install https://www.elrepo.org/elrepo-release-8.el8.elrepo.noarch.rpm

※remiのインストール
dnf -y install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm

※全体アップデート
dnf -y update
■rsyslogのインストール
# dnf install rsyslog

■ネット関係のインストール
# dnf install net-tools bind-utils

■時刻同期のインストール
# dnf install chrony
# systemctl enable chronyd
# systemctl start chronyd

■SELinux無効化

# vi /etc/sysconfig/selinux
#SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled

■ランレベルを3に設定

# systemctl set-default multi-user.target

■systemctlの補完

# dnf install bash-completion
# wget https://github.com/terralinux/systemd/raw/master/src/systemctl-bash-completion.sh -O /etc/bash_completion.d/systemctl-bash-completion.sh

■不要なサービスの停止

systemctl disable dbus-org.freedesktop.nm-dispatcher.service
systemctl disable dbus-org.freedesktop.timedate1.service
systemctl disable import-state.service
systemctl disable irqbalance.service
systemctl disable kdump.service
systemctl disable loadmodules.service
systemctl disable microcode.service
systemctl disable nis-domainname.service
systemctl disable rngd.service
systemctl disable selinux-autorelabel-mark.service
systemctl disable rngd.service
systemctl disable sssd.service
systemctl disable tuned.service

■必要に応じてfirewalldの許可

firewalldを設定して不要なサービスにアクセスさせないようセキュリティを強化します。 まずインストール直後にどのようになっている...

■OS再起動

# reboot

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする