UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Linux - CentOS Postfix+OpenLDAP




■PostfixのLDAP対応


案件的にはあまり多くないのですが、大規模な組織となればユーザ認証は全て中央のLDAPサーバに任すというとこ ろもあります。ホスティングサーバや中小の規模だとメールのユーザはメールサーバのローカルアカウントを使用しているところが多いです。ローカルアカウントを使用する場合はPostfix+Dovecotの記事をご覧 頂ければと思います。

ここでは認証にOpenLDAPを使った設定のメモ書 きを残します。OpenLDAPは既にインストールされアカウントも登録されているという前提です。Postfixがインストールされていなければyumからインストールを行います。

# yum install postfix
# rpm -qa | grep postfix
postfix-2.6.6-2.2.el6_1.i686

/etc/postfix/main.cfが設定ファイルとなります。以下、基本設定の部分です。

# vi /etc/postfix/main.cf

myhostname = mail.unix-power.net
mydomain = unix-power.net
myorigin = $myhostname
#inet_interfaces = localhost
inet_interfaces = all
inet_protocols = ipv4
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
mynetworks = 192.168.0.0/16, 127.0.0.1
home_mailbox = Maildir/

smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks
reject_unauth_destination


続いてLDAP連携に関する設定をmain.cfの最後尾に追記します。

# vi /etc/postfix/main.cf

virtual_transport = virtual

# 下記設定はmydestinationとの重複はNG。複数ある場合はカンマで列挙する。
virtual_mailbox_domains = unix-power.net

virtual_mailbox_base = /var/spool/virtual
virtual_alias_maps = ldap:/etc/postfix/ldap-alias.cf
virtual_mailbox_maps = ldap:/etc/postfix/ldap-mailbox.cf
virtual_uid_maps = static:10000
virtual_gid_maps = static:10000
local_recipient_maps = proxy:unix:passwd.byname $alias_maps $virtual_mailbox_maps


上記で指定した/etc/postfix/ldap-alias.cfファイルとldap-mailbox.cf ファイルを新規作成します。まず大前提としてLDAP連携する場合、それはPostfix上ではバーチャルドメインの仮想ユーザとして扱われます。ldap-alias.cfファイルは仮想ユーザから実ユーザへのマッピング定義で あるのに対し、ldap-mailbox.cfファイルは仮想ユーザと実際のメールの配送先(ディレクトリ)を定義しています。

# vi /etc/postfix/ldap-alias.cf

server_host = 127.0.0.1
search_base = ou=Users,dc=unix-power,dc=net
bind = yes
bind_dn = cn=Manager,ou=Users,o=unix-power,dc=net
bind_pw = password
scope = one
query_filter = (mail=%s)
result_attribute = mail
# vi /etc/postfix/ldap-mailbox.cf

server_host = 127.0.0.1
search_base = ou=Users,dc=unix-power,dc=net
bind = yes
bind_dn = cn=Manager,ou=Users,o=unix-power,dc=net
bind_pw = password
scope = one
query_filter = (mail=%s)
result_attribute = homeDirectory
result_format = %s/Maildir/


上記で幾つかの設定を実施しておりますが、それぞれの意味は下記のようになります。


項 目
説 明
server_host
LDAP サーバのIPアドレスを指定します。
search_base
その名の通り、検索の起点を指定します。
bind / bind_dn / bind_pw
デフォルトだと匿名でLDAPサーバに接続するので明示的に接続ユーザとパスワードを指定します。
scope
ldapsearch の-sオプションであり検索範囲を指定します。
oneに指定することでBaseDN自身と直下のエントリに限定します。
query_filter
検 索の条件式を指定します。基本的にはldapsearchと使い方は同じです。
特殊文字も利用可能であり、%uは@より前の部分、%dは@より後の部分、%sはメールアドレスを指します。
result_attribute
LDAPサーバから取得する属性です。
result_format
実 際の戻り値を整形します。%sはresult_attributeで得た値となります。

一旦、postfixを再起動します。

# /etc/rc.d/init.d/postfix start


ここで実際にpostfixにパラメータを渡してLDAPから属性を取得できるか試してみます。

# postalias -q suzuki@unix-power.net ldap:/etc/postfix/ldap-mailbox.cf
/home/suzuki/Maildir/

# postalias -q suzuki@unix-power.net ldap:/etc/postfix/ldap-alias.cf
suzuki@unix-power.net


上記のように正常な値を返してきていたらLDAP連携ともうまくいっていると思って良いと思います。あとはpostaliasコマンドでデーターベース化しておきます。

# postalias /etc/postfix/ldap-mailbox.cf
# postalias /etc/postfix/ldap-alias.cf


■PostfixのSMTP認証対応

各組織のローカルネットワークからのみメールが送信できるように設定するのが一般的ですが外部からも送信できたほうが便利です。但し、無条件に外部から送信できてしまうとこれを悪用されることがありSPAMメールの踏み台とされてしまいます。これを回避するため外部からのメール発信には必ず一度認証を通す必要があるよう設定します。これをSMTP認証と呼びます。

必要なソフトがインストールされていなければyumからインストールします。

# yum install cyrus-sasl cyrus-sasl-plain
# rpm -qa | grep cyrus
cyrus-sasl-2.1.23-13.el6_3.1.i686
cyrus-sasl-plain-2.1.23-13.el6_3.1.i686
cyrus-sasl-lib-2.1.23-13.el6_3.1.i686

LDAPに関する設定を行います。/etc/saslauthd.confに設定を行いますが、これはデフォルトで存在しないので新規作成 します。

# vi /etc/saslauthd.conf

ldap_servers: ldap://localhost
ldap_search_base: ou=Users,dc=unix-power,dc=net
ldap_filter: (uid=%u)

続いて/etc/sysconfig/saslauthdを編集します。


# vi /etc/sysconfig/saslauthd

#MECH=pam
MECH=ldap

そしてpostfix側の設定を変更します。以下、編集部分のみ記載します。


# vi /etc/postfix/main.cf

# smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks
# reject_unauth_destination

smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks
permit_sasl_authenticated ※SMTP認証を行ったクライアントは許可
reject_unauth_destination

# SASL認証を有効化する smtpd_sasl_auth_enable = yes # mynetworks以外で匿名での接続を拒否する
smtpd_sasl_security_options = noanonymous
# 規格外の動作に対応させる
broken_sasl_auth_clients = yes


サブミッションポート( TCP/587 )をオープンにしておき、これを経由する際はSMTP Authを必須とします。


# vi /etc/postfix/master.cf

submission inet n       -       n       -       -       smtpd
#  -o smtpd_tls_security_level=encrypt
  -o smtpd_sasl_auth_enable=yes
  -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

ここまでで設定は完了なのでCyrusを起動しPostfixもリロードします。

# /etc/rc.d/init.d/postfix reload
postfix を再読み込み中: [ OK ]
# /etc/rc.d/init.d/saslauthd start
saslauthd を起動中: [ OK ]

コマンドラインから動作確認を行います。Cyrusにtestsaslauthdコマンドというのが用意されていますのでこれを利用しま す。


# testsaslauthd -u tanaka -p password
0: OK "Success."

上記のように「OK "Success."」と表示されれば認証は成功しています。さらにPostfixでSMTP認証が正常に機能しているのか下記のコマンドから確認可能です。

# telnet localhost 25
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
220 mail.unix-power.net ESMTP Postfix
EHLO unix-power.net
250-mail.unix-power.net
250-PIPELINING
250-SIZE 10240000
250-VRFY
250-ETRN
250-AUTH PLAIN LOGIN
250-ENHANCEDSTATUSCODES
250-8BITMIME
250 DSN
AUTH LOGIN
334 VXNlcm5hbWU6

上記のAUTH LOGINを発行した際にエラーが出なければOKです。



■DovecotのLDAP対応

LDAPに対応するためのDovecotの設定を行います。基本設定を含めてそれぞれのファイルを編集 します。

# vi /etc/dovecont/conf.d/10-mail.conf

mail_location = maildir:~/Maildir
# vi /etc/dovecot/dovecot.conf

#protocols = imap pop3 lmtp
protocols = imap pop3
#listen = *, ::
listen = *
# vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf

ssl = no
# vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

disable_plaintext_auth = no
!include auth-ldap.conf.ext

auth-ldap.conf.extの中身は次のようになっています。編集箇所を太文字にしています。

# cat /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

# more auth-ldap.conf.ext
# Authentication for LDAP users. Included from auth.conf.
#
# <doc/wiki/AuthDatabase.LDAP.txt>

passdb {
driver = ldap

# Path for LDAP configuration file, see example-config/dovecot-ldap.conf.ext
args = /etc/dovecot/dovecot-ldap.conf.ext
}

# "prefetch" user database means that the passdb already provided the
# needed information and there's no need to do a separate userdb lookup.
# <doc/wiki/UserDatabase.Prefetch.txt>
#userdb {
# driver = prefetch
#}

userdb {
driver = passwd
args = /etc/dovecot/dovecot-ldap.conf.ext
}

# If you don't have any user-specific settings, you can avoid the userdb LDAP
# lookup by using userdb static instead of userdb ldap, for example:
# <doc/wiki/UserDatabase.Static.txt>
userdb {
driver = static
args = uid=10000 gid=10000 home=/var/spool/virtual/home/%u
}

上記のファイルの中で指定されている/etc/dovecot/dovecot-ldap.conf.extは存在しないので新規に作成す る必要があります。これはLDAP連携の設定であり、サンプルの設定ファイルがありますのでそれを流用します。以下は編集部分のみ記載致します。


# cp /usr/share/doc/dovecot-2.0.9/example-config/dovecot-ldap.conf.ext /etc/dovecot/
# vi /etc/dovecot/dovecot-ldap.conf.ext

hosts = localhost
auth_bind = yes
base = ou=Users,dc=unix-power,dc=net
scope = onelevel
user_attrs = mail,homeDirectory
user_filter = (&(objectClass=posixAccount)(uid=%u))
pass_attrs = mail,userPassowrd
pass_filter = (&(objectClass=posixAccount)(uid=%u))
default_pass_scheme = LDAP-SHA

各項目の意味は次のようになります。


項 目
説 明
hosts
LDAP サーバの指定を行います。
auth_bind
メー ルクライアントによって与えられたユーザ名とパスワードを使ってLDAPサーバにログインします。
base
アカウントを検索するディレクトリツリーの定義です。
scope
ldapsearch の-sオプションにあたるもの。base, onelevel, subtreeのいずれかから選択します。
user_attrs
LDAPサーバから取得する属性でmailおよびhomeDirectoryの値を取得します。
user_filter
ObjectClass にposixAccountが設定されているもので、かつクライアントのアカウント名とuidが一致するもの
pass_attrs
LDAP サーバから取得する属性でmailおよびuserPasswordの値を取得します。
pass_filter
user_filter と同等。
default_pass_scheme
パスワードで使用しているハッシュ形式を指定します。

■動作確認

実際の動作確認をコマンドラインから行います。まだ一度もログインを行ったことのないユーザtanakaで試してみます。まず必要なディレクトリを予め作成し属性を変更しておきます。

# mkdir /var/spool/virtual
# chown 10000.10000 /var/spool/virtual/

rootからユーザtanakaにメールを送信してみます。

# mail -v tanaka@unix-power.net
Subject: test
test
.
EOT
Mail Delivery Status Report will be mailed to <root>.

ディレクトリを確認し、自動作成されたことを確認します。

# ls -al /var/spool/virtual/home/tanaka/Maildir/new/
合計 12
drwx------ 2 10000 10000 4096 1月 23 18:00 2013 .
drwx------ 5 10000 10000 4096 1月 23 18:00 2013 ..
-rw------- 1 10000 10000 540 1月 23 18:00 2013 1358931623.V802I603afM140971.xxxxx.yy.jp

Dovecotで受信確認を行なってみます。


# telnet localhost 110
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
+OK Dovecot ready.
user tanaka
+OK
pass password
list
+OK Logged in.
+OK 1 messages:
1 556
.
retr 1
+OK 556 octets
Return-Path: <root@mail.unix-power.net>
X-Original-To: tanaka@unix-power.net
Delivered-To: tanaka@unix-power.net
Received: by mail.unix-power.net (Postfix, from userid 0)
id 11BD240C67; Wed, 23 Jan 2013 18:00:23 +0900 (JST)
Date: Wed, 23 Jan 2013 18:00:23 +0900
To: tanaka@unix-power.net
Subject: test
User-Agent: Heirloom mailx 12.4 7/29/08
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=us-ascii
Content-Transfer-Encoding: 7bit
Message-Id: <20130123090023.11BD240C67@mail.unix-power.net>
From: root@mail.unix-power.net (root)

test
.

これで動作確認がとれました。




 
 関連記事
 Postfix+Dovecotのインストール
 Postfixでバーチャルドメイン設定
 PostfixAdmin+Dovecot+MySQLのインストール
 Postfix+AMaViS+Clamavのインストール
 Mailmanのインストール
 RoundCubeのインストール
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.