UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Linux - CentOS yum




CentOSやRHELで提供されyumに関するメモ書きです。標準で提供されるyumはソフトウェアが限定的なのでリポジトリを手動で追加します。これを行うことにより様々なソフトがyumからインストール可能となります。リポジトリとは何かというのはこちらを御覧ください。RedHatEnterprise6.0の場合、以下のようにしてリポジトリを追加しました。/etc/yum.repos.d配下にそれぞれファイルがインストールされます。

[ RPMFORGEを追加 ]
# rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el6/en/i386/rpmforge/RPMS/\ rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm (32bit)
# rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el6/en/x86_64/rpmforge/RPMS/\ rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm (64bit)
[ EPELを追加 ]
# rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm (32bit) # rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm (64bit)
[ REMIを追加 ]
# rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi # rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
# ls /etc/yum.repos.d CentOS-Base.repo epel-testing.repo mirrors-rpmforge-testing CentOS-Debuginfo.repo epel.repo remi.repo CentOS-Media.repo mirrors-rpmforge rpmforge.repo CentOS-Vault.repo mirrors-rpmforge-extras

# yum check-update


またRHELの場合、RedhatNetworkにログイン後、以下の「RHEL Server Optional」の箇所にチェックを入れておかないと必要なパッケージが見つからないことが多々ありますのでチェックを入れておきましょう。


■yumのオプション

yumには多くのオプションが用意されており、それらを使えば、新規にパッケージをインストールしたり、キーワー ドを指定してパッケージを検索するといったことができる。

コマンド
概要
check-update アップデート可能なパッケージの一覧を表示
clean ダウンロードしたパッケージと古いヘッダを削除する。 clean allと同じ
clean oldheaders 古いヘッダを削除
clean packages ダウンロードしたパッケージを削除
info 利用可能なパッケージの情報を表示
info パッケージ名 指定したパッケージの情報を表示
install パッケージ名 指定したパッケージをインストール
list 利用可能なパッケージの一覧を表示
list installed インストール済みのパッケージ一覧を表示
list updates アップデート可能なパッケージの一覧を表示
provides パッ ケージ名 パッケージに含まれるファイルの一覧を表示
remove パッケー ジ名 指定したパッケージをアンインストールする。指定したパッ ケー ジと依存関係があるパッケージは、削除するかどうか確認を求める
search キーワード キーワードでパッケージを検索する。検索の対象は、RPM ファ イルのName、Packager、Dummary、Descriptionの各フィールド
update アップデート可能な全パッケージをアップデート
update パッケージ名 指定したパッケージをアップデート


さらに最近のものではパッケージ個別ではなくグループ単位でインストールも可能です。

# yum grouplist
<省略>
Installed Groups: ←インストールされているグループ Administration Tools Dialup Networking Support Editors GNOME Software Development Legacy Network Server Mail Server Network Servers Server Configuration Tools System Tools Text-based Internet Web Server Windows File Server Yum Utilities Available Groups: ←インストール可能なグループ Authoring and Publishing Base Beagle Cluster Storage Clustering DNS Name Server Development Libraries Development Tools Emacs Engineering and Scientific FTP Server FreeNX and NX GNOME Desktop Environment Games and Entertainment Graphical Internet Graphics Horde Java Java Development KDE (K Desktop Environment) KDE Software Development KVM Legacy Software Development Legacy Software Support Mono MySQL Database News Server Office/Productivity OpenFabrics Enterprise Distribution PostgreSQL Database Printing Support Ruby Sound and Video Tomboy Virtualization X Software Development X Window System XFCE-4.4 Done # yum groupinstall Base


グループ単位では以下のオプションが利用可能です。

オプション
内容
groupinstall 指定したグループのパッケージをインストール
groupupdate インストール済みのグループに含まれるパッケージを更新
grouplist インストール済みのグループおよびインストール可能なグ ループ を表示
groupremove 指定したグループを削除
groupinfo 指定したグループに含まれるデフォルトパッケージとオプ ション パッケージを表示



 
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.