UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Cisco - IOSのアップグレード




CiscoIOSのアップグレードの際には新しいイメージが動作しないときのためにバックアップをとっておくのが望ましいです。現行のファイルをTFTPサーバーに保存しておきます。TFTPサーバーは私の場合Linuxで立ち上げました。


新しいIOSの入手にはCCOアカウントが必要で、誰でも入手できるというわけではありません。基本的にはシスコ機器を購入したベンダーに相談して入手するのが良いでしょう。保守に加入してフィーチャーセットも同一であれば無償で入手可能なはずです。ちなみにここでIOSアップグレード対象としている機器はCisco1812Jです。


まずTFTPサーバーを立ち上げます。OSはCentOS6.3を使用しており、yumにてインストールを行います。TFTPはXinet経由で起動しますのでこれがインストールされていない場合はこれも合わせてインストールを行います。


# yum install tftp-server xinetd
# rpm -qa | grep tftp-server
tftp-server-0.49-7.el6.i686


インストールしただけではTFTPは無効となっておりますので以下のように設定ファイルを編集し有効化を行います。また、TFTPサーバにファイルをアップロードできるようserver_argsに-cオプションを追記しています。


# vi /etc/xinetd.d/tftp
# default: off
# description: The tftp server serves files using the trivial file transfer \
#       protocol.  The tftp protocol is often used to boot diskless \
#       workstations, download configuration files to network-aware printers, \
#       and to start the installation process for some operating systems.
service tftp
{
        socket_type             = dgram
        protocol                = udp
        wait                    = yes
        user                    = root
        server                  = /usr/sbin/in.tftpd
        server_args             = -c -s /var/lib/tftpboot
        disable                 = no
        per_source              = 11
        cps                     = 100 2
        flags                   = IPv4
}

# /etc/rc.d/init.d/xinetd restart


デフォルトの状態ですとパーミッション関係でTFTPにファイルをアップロードしようとしてもエラーとなりますので以下のコマンドで属性値を変更しておきます。


# chmod 777 /var/lib/tftpboot


■フラッシュメモリ確認


新しいIOSをアップグレードする前にフラッシュメモリの中身を確認しておきます。以下のコマンドで確認できます。


# dir
Directory of flash:/

    1  -rw-    17489068   Jul 4 2008 05:07:40 +00:00  c181x-advipservicesk9-mz.124-6.T11.bin
    2  -rw-        3278  May 16 2008 01:14:28 +00:00  sdmconfig-1811-1812.cfg
    3  -rw-      931840  May 16 2008 01:14:46 +00:00  es.tar
    4  -rw-     1505280  May 16 2008 01:15:06 +00:00  common.tar
    5  -rw-        1038  May 16 2008 01:15:20 +00:00  home.shtml
    6  -rw-      112640  May 16 2008 01:15:34 +00:00  home.tar
    7  -rw-         600  Jul 23 2008 10:39:44 +00:00  vlan.dat

32079872 bytes total (12021760 bytes free)


出力の最後の行で容量を表示しています。上記では12Mになっています。


■IOSバックアップ


先ほど立ち上げたTFTPサーバーに現在のIOSをバックアップします。以下のコマンドでバックアップをとります。前提条件としてアップグレード対象のシスコにIPアドレスが既に設定されており、TFTPサーバとIP Reachabilityである必要があります。


# copy flash:c181x-advipservicesk9-mz.124-6.T11.bin tftp
Address or name of remote host []? 192.168.12.20
Destination filename [c181x-advipservicesk9-mz.124-6.T11.bin]?
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
17489068 bytes copied in 27.304 secs (640531 bytes/sec)


上記のようなメッセージが表示されるとバックアップは成功です。


■コンフィグレーションバックアップ


running-configをTFTPサーバーに保存するには以下のコマンドで行います。


# copy running-config tftp
Address or name of remote host []? 192.168.12.20
Destination filename [router-confg]?
!!
961 bytes copied in 1.844 secs (521 bytes/sec)


■IOSアップグレード


新しいIOSの入手先はCiscoルーターを購入したベンダーに相談するのがもっとも良いようです。IOSを入手したらTFTPサーバーの/var/lib/tftpbootにファイルを置き、バックアップのときと反対の操作をすればいいだけです。


# copy tftp flash:
Address or name of remote host []? 192.168.12.20
Source filename []? c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin
Destination filename [c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin]?
Accessing tftp://192.168.12.20/c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin...
Loading c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin from 192.168.12.20 (via Vlan1): !
%Error copying tftp://192.168.12.20/c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin \
(Not enough space on device)


フラッシュメモリにTFTPサーバからダウンロードするのですが、フラッシュメモリの容量が足りない場合は上記のようなエラーが発生します。容量が足りないのでダウンロードが開始できない状態です。こういった場合は最初の手順で既存IOSはバックアップ済みなので既存のIOSを削除してしまいましょう。


# delete flash:c181x-advipservicesk9-mz.124-6.T11.bin
Delete filename [c181x-advipservicesk9-mz.124-6.T11.bin]?
Delete flash:c181x-advipservicesk9-mz.124-6.T11.bin? [confirm]

# dir
Directory of flash:/

    1  -rw-        3278  May 16 2008 01:14:28 +00:00  sdmconfig-1811-1812.cfg
    2  -rw-      931840  May 16 2008 01:14:46 +00:00  es.tar
    3  -rw-     1505280  May 16 2008 01:15:06 +00:00  common.tar
    4  -rw-        1038  May 16 2008 01:15:20 +00:00  home.shtml
    5  -rw-      112640  May 16 2008 01:15:34 +00:00  home.tar
    6  -rw-         600  Jul 23 2008 10:39:44 +00:00  vlan.dat

32079872 bytes total (29511680 bytes free)


これで既存IOSが削除されフラッシュメモリの空き容量も増えましたので気を取り直して新しいIOSをダウンロードします。


# copy tftp flash:
Address or name of remote host [192.168.12.20]?
Source filename [c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin]?
Destination filename [c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin]?
Accessing tftp://192.168.12.20/c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin...
Loading c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin from 192.168.12.20 (via Vlan1): \
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[OK - 21283724 bytes]

21283724 bytes copied in 42.364 secs (502401 bytes/sec)


無事、フラッシュにダウンロードできました。あとは起動IOSを新しいIOSに書き換えて再起動を行います。


(config)# boot system flash:c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin
(config)# do sh runn | i boot system
boot system flash:c181x-adventerprisek9-mz.124-15.T17.bin

(config)# end
# wri mem
*Dec 29 11:19:54.287: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
Building configuration...

# reload
Proceed with reload? [confirm]


起動すれば以下のコマンドで本当に新しいIOSで起動しているか確認可能です。


# sh ver
Cisco IOS Software, C181X Software (C181X-ADVENTERPRISEK9-M), \
Version 12.4(15)T17, RELEASE SOFTWARE (fc2)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2012 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 24-Jan-12 12:46 by prod_rel_team



 
 関連記事
 Ciscoルータの初期設定
 Ciscoルータの基本操作
 パスワードリカバリ
 AAA/RADIUSの設定
 時刻修正
 Syslogの設定
 SPAN / Wiresharkの設定
 SNMPの設定
 PerlでCisco機器を操作
 CiscoIOSのアップグレード
 CiscoIOSのバージョン表記(15系)
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.