UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Cisco - Cisco ISDN




◆ISDN概要


2000年ごろに日本でインターネットが広まりだし、当時はアナログの電話線で接続するのが一般的な接続方法であり最速といえばISDNでした。ブロードバンドが普及している今、家庭でいまどきISDNを接続する人というのはあまりいないと思いますが業務でISDNは未だに根強く使われています。ただメイン回線ではなく、メンテナンス回線やバックアップ回線として使われることが多いです。以下はざっくりしたISDNの接続図です。



ISDN接続用ルータで主に使われるのがCisco892J または1世代前のCisco1812Jです。これらのルータには標準でISDNで使用するBRIインターフェイスが標準装備されているからです。


892Jまたは1812Jに限らずBRIインターフェイスにおける参照点はS/T点となります。このインターフェイスからISDN網に接続するにはU点を持っているNTTから提供されるDSUが必要となります。S/T点とU点を結ぶケーブルは通常のLANケーブルで、U点に接続するのは電話線となります。


U点を持っているインターフェイスであれば直接ISDN網に接続することも可能です。ただし、U点を持つBRIインターフェイスのモジュールはシスコから提供はされているのですが、日本国内では取り扱いがありません。したがってISDNに接続するにはDSUが必須と思ってください。


BRIインターフェイス(BRI、2B+1D)は2本のBチャネルと1本のDチャネルを提供します。BRI Bチャネルサービスは64Kbpsで動作しデータを運びます。一方BRI Dチャネルサービスは16Kbpsで動作し通常は制御情報とシグナリング情報を運びます。ISDN BRIの帯域幅は144Kbps(64+64+16)になります。


◆設定例


以下の構成を元に実際の設定を紹介します。



・Router_Aの設定


(config)# username Router_B password *******
(config)# isdn switch-type ntt
(config)# int bri0
(config-if)# ip address 192.168.100.1 255.255.255.0
(config-if)# encapsulation ppp
(config-if)# dialer idle-timeout 300
(config-if)# dialer map ip 192.168.100.2 name Router_B YYYYYY
(config-if)# dialer-group 1
(config-if)# ppp authentication chap
(config-if)# dialer load-threshold 128 either
(config-if)# ppp multilink
(config-if)# exit

(config)# dialer-list 1 protocol ip permit


・Router_Bの設定


(config)# username Router_A password *******
(config)# isdn switch-type ntt
(config)# int bri0
(config-if)# ip address 192.168.100.2 255.255.255.0
(config-if)# encapsulation ppp
(config-if)# dialer idle-timeout 300
(config-if)# dialer map ip 192.168.100.1 name Router_A XXXXXX
(config-if)# dialer-group 1
(config-if)# ppp authentication chap
(config-if)# dialer load-threshold 128 either
(config-if)# ppp multilink
(config-if)# exit

(config)# dialer-list 1 protocol ip permit


各設定の意味は以下の通りです。


コマンド 説明
isdn siwtch-type ntt ISDNのスイッチタイプを指定します。日本では大抵NTTです。
username Router_A password 対向ルータから着信した場合に認証させるためのusernameとpasswordです。
encapsulation ppp PPPカプセル化を指定します。
dialer idle-timeout ISDNを自動切断するまでの時間を指定します。
dialer map ip ネクストホップルータを呼び出す方法を確立します。
dialer-group dialer-listに指定した番号と紐づきます。発呼する際のトラフィックを定義。
ppp authentication chap CHAP PPP認証を定義します。
dialer load-threshold 128 either 送信受信で負荷が50%になった際に2本目のBチャネルを立ち上げます。
ppp multilink 2本のBチャネルを結合して使用します。



 
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.