UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Linux - カーネル起動オプション




LinuxカーネルはGRUBなどのブートローダーから渡される起動オプションを解釈し機能を有効/無効にしたりデフォルトとは異なる設定で起動出来ます。その主なオプションは以下の通りです。

起動オプション  説明 
loglevel=数  ログレベルを指定した数に設定する。 
quiet  ログレベルを2 ( KERN_CRIT ) に設定する 
debug  ログレベルを10に設定する。( 全てのカーネルメッセージをコンソールに出力 
mem=数  メモリーサイズを指定した値に設定する。
例:512mだと512Mバイト、2gだと2Gバイト。 
root=デバイスなど  ルートファイルシステムを指定したデバイスに設定する。 
console=デバイス  コンソールを指定したデバイスに設定する。 
printk.time=1  カーネルメッセージの出力にタイムスタンプを付加する ( 0だと付加しない ) 
init=プログラム  /sbin/initの代わりに指定したプログラムを起動する。 
initcall_debug  初期化時の関数呼び出しの情報をカーネルメッセージに出力する 
disable_ipv6=1  IPv6を無効にする ( 0だと無効 ) 
ip=dhcpなど  IPアドレスをDHCPなどに設定する 
nosmp  SMPを無効にする 
nr_cpus=数 指定した数のCPUを使用する 
nousb USBを使わない 
single  シングルユーザモードでシステムを起動する 
emergency  緊急モードでシステムを起動する。 
text  テキストモードでシステムを起動する。 

オプションとしては基本的にルートファイルシステムやモードなど、システム起動時に必要な設定やメモリーサイズなど、動的に変更できない設定が用意されています。起動オプションは「/proc/cmdline」ファイルを参照することで確認できます。

# cat /proc/cmdline
ro root=UUID=70e00c95-33ae-441d-a143-9f56cab9cda2 rd_NO_LUKS rd_NO_MD \
crashkernel=129M@0M  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_LVM rd_NO_DM rhgb quiet

起動オプションを変更するにはまず起動時にGRUBメニューを表示します。起動可能なカーネル一覧が表示されたら起動したいカーネルにカーソルを合わせて編集のためにeキーを押します。そしてkernelで始まる行を選択してさらにeボタンを押下し、起動オプションを自由に書き換えれば良いわけです。例えばシングルユーザモードで起動するにはその行の最後にsingleを追加すればOKです。編集が完了すればエンターキーで編集を完了し、bボタンでブートします。

これらの起動オプションの変更はそのときだけに限られます。恒久的に変更したい場合は/boot/grub/grub.confを編集し保存すればOKです。



 
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.