UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - VMware - vSphere CLI 5.5のインストール




■vSphere CLI 5.5のインストール


ESXiをリモートからCLIで操作するvSphere CLIをCentOS6.4 ( 64bit ) にインストールします。まず以下のサイトからLinux版のインストーラーをダウンロードします。


https://my.vmware.com/jp/group/vmware/details?downloadGroup=VCLI550&productId=352
【 ファイル名 】 VMware-vSphere-CLI-5.5.0-1384587.x86_64.gz


ダウンロードしたファイルを解凍し、下記のようにしてインストーラを起動します。

# tar xzvf VMware-vSphere-CLI-5.5.0-1384587.x86_64.gz
# cd vmware-vsphere-cli-distrib/
# ./vmware-install.pl

Creating a new vSphere CLI installer database using the tar4 format.

Installing vSphere CLI 5.5.0 build-1384587 for Linux.

You must read and accept the vSphere CLI End User License Agreement to
continue.
Press enter to display it.


Enterを押すとライセンスが表示されて全てを見終えるとAcceptするか聞かれますのでyesと応えます。続いてPerl Modulesについてもデフォルトのまま進めます。

Do you accept? (yes/no) yes

Thank you.

This vSphere CLI installer includes precompiled Perl modules for RHEL.
Answering yes will install the precompiled modules, and answering no will
install from CPAN.
Do you want to install precompiled Perl modules for RHEL?
[yes] Enter

Openssl-devel is not installed on the system.
openssl-devel 0.9.7 is required for encrypted connections.
Please install openssl-devel version 0.9.7 or greater.


openssl-develが必要だけど入ってないといわれていますのでyumからインストールを行います。

# yum install openssl-devel
# rpm -qa | grep openssl
openssl-1.0.0-27.el6_4.2.x86_64
openssl-devel-1.0.0-27.el6_4.2.x86_64


再度インストーラを起動すると次は以下のパッケージがインストールされていない、または古いといわれます。

The following Perl modules were found on the system but may be too old to work
with vSphere CLI:

Compress::Zlib 2.037 or newer
Compress::Raw::Zlib 2.037 or newer
version 0.78 or newer
IO::Compress::Base 2.037 or newer
IO::Compress::Zlib::Constants 2.037 or newer


上記パッケージをCPANからインストールするため、まずperl-CPANのインストールを行います。

# yum install perl-CPAN
# rpm -qa | grep perl-CPAN
perl-CPAN-1.9402-131.el6_4.x86_64


次にCPANコマンドを使って指摘されたパッケージをインストールします。

# cpan Compress::Zlib
# cpan Compress::Raw::Zlib
# cpan version
# cpan IO::Compress::Base
# cpan IO::Compress::Zlib::Constants


これで再度インストーラを起動すると以下のようにようやくインストールが成功しました。

The installation of vSphere CLI 5.5.0 build-1384587 for Linux completed
successfully. You can decide to remove this software from your system at any
time by invoking the following command:
"/usr/bin/vmware-uninstall-vSphere-CLI.pl".

This installer has successfully installed both vSphere CLI and the vSphere SDK
for Perl.

Enjoy,

--the VMware team


これで試しにESXiのホスト ( 192.168.12.200 ) の情報を取得しようと以下のコマンドを実行してみました。

# vicfg-hostops --server 192.168.12.200 --username root --operation info
Enter password:[パスワード入力]

Host Name            : esxi1.unix-power.local
Manufacturer         : FUJITSU-SV
Model                : PRIMERGY
Processor Type       : Intel(R) Xeon(R) CPU           E5420  @ 2.50GHz
CPU Cores            : 4 CPUs x 2493 GHz
Memory Capacity      : 6142.85546875 MB
VMotion Enabled      : no
In Maintenance Mode  : no
Last Boot Time       : 2013-11-28T11:34:58.528119Z


無事成功しました。デフォルトの状態だとユーザ名およびパスワードを対話形式で指定しないといけません。個人的にはこれが面倒くさいので以下の環境変数を指定することでこれらを省略することが可能です。

環境変数名 内容
VI_USERNAME --usernameで指定
VI_PASSWORD --passwordで指定


また、環境変数を指定せずにファイルに登録しておく方法もあります。認証情報はデフォルトで /root/.vmware/credstore/vicredentials.xmlに保存されます。デフォルトだと何も登録されておりませんのでファイル自体が存在しません。

# cd /usr/lib/vmware-vcli/apps/general/
# ./credstore_admin.pl list
Server User Name
ERROR: File not found: /root/.vmware/credstore/vicredentials.xml.


これに手動でESXiホストとユーザ名、パスワードを登録しておきます。


# ./credstore_admin.pl add -s 192.168.12.200 -u root -p xxxxxx
New entry added successfully

# ./credstore_admin.pl list
Server User Name
192.168.12.200 root


上記のようにすることでサーバを指定するだけでよくなりユーザ名やパスワードの入力の必要はなくなります。

# vicfg-hostops --server 192.168.12.200 --operation info

Host Name            : esxi1.unix-power.local
Manufacturer         : FUJITSU-SV
Model                : PRIMERGY
Processor Type       : Intel(R) Xeon(R) CPU           E5420  @ 2.50GHz
CPU Cores            : 4 CPUs x 2493 GHz
Memory Capacity      : 6142.85546875 MB
VMotion Enabled      : no
In Maintenance Mode  : no
Last Boot Time       : 2013-11-28T11:34:58.528119Z


また、vCenter Server の管理者情報を登録することで ESX/ESXi を一元管理することも可能です。

# ./credstore_admin.pl add -s [vCenter IP] -u root -p xxxxxx
New entry added successfully

# vicfg-hostops.pl --server <vcenterserver> -h <server> -o enter
Host <server> entered into maintenance mode successfully.


<注意>
--server で vCenter Server を指定した場合は、操作したい ESX/ESXi を --vihost(-h) で指定します
--vihost(-h) で ESX/ESXi を指定する際は vCenter Server に登録している名前 (IP アドレスやホスト名) で指定します
--vihost(-h) を使用しない場合は、vCenter Server 管理下のすべての ESX/ESXi が対象になります



 関連記事
 vSphere CLIの操作方法
 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.