UnixPower on Networking
  http://www.unix-power.net/

 
 Top - Linux - CentOS7 Mailmanのインストールと基本設定




■Mailmanのインストール


メーリングリストソフトといえば昔ながらのFMLがありますが、今ではMailmanのほうが主流でしょうか。FMLはPerlで書かれているのにたいし、Mailmanはpythonという言語で記載されており、動作が軽快と思われます。先ずはmailmanをyumからインストールします。mailmanはapache経由で管理を行うのでインストールされていない場合はapacheも合わせてインストールされます。

# yum install mailman
# rpm -qa | grep mailman
mailman-2.1.15-17.el7.x86_64

まずmailmanの管理用のパスワードを以下のコマンドで設定しておきます。このパスワードはWeb経由でmailmanを管理するときに入力するパスワードです。

# /usr/lib/mailman/bin/mmsitepass
New site password:[password入力]
Again to confirm password:[password入力]
Password changed.

■Mailmanの設定ファイルの編集

mailmanは/etc/mailman/mm_cfg.pyが設定ファイルとなります。以下、編集部分のみ記載致します。


# vi /etc/mailman/mm_cfg.py

DEFAULT_URL_HOST   = 'unix-power.net'
DEFAULT_EMAIL_HOST = 'unix-power.net'

[ 以下は追記 ]

MTA = 'Postfix'                                  # MTAにPostfixを指定
DEFAULT_URL_PATTERN = 'http://%s/mailman/'       # URLを指定
DEFAULT_SERVER_LANGUAGE = 'ja'                   # 日本語を指定             
OWNERS_CAN_DELETE_THEIR_OWN_LISTS = Yes          # Web上からMLを削除可能にする
DEFAULT_SUBJECT_PREFIX = "[%(real_name)s:%%d] "	 # Subjectに通し番号をつける
DEFAULT_REPLY_GOES_TO_LIST = 1                   # 返信先はMLにする
DEFAULT_GENERIC_NONMEMBER_ACTION = 1             # 誰でも投稿可能にする


その他の設定については/usr/lib/mailman/Mailman/Defaults.pyを参照してください。

引き続きmailman関連ファイルの属性 ( パーミッション ) が正しく設定されているか以下のコマンドでチェックを行います。

# /usr/lib/mailman/bin/check_perms
/etc/mailman/adm.pw グループの誤り (root ですが mailman にしてください)
/usr/lib/mailman/Mailman/mm_cfg.pyc グループの誤り (root ですが mailman にしてください)
/usr/lib/mailman/bin/mailman-update-cfg グループの誤り (root ですが mailman にしてください)
問題があります: 3
修正するには -f オプションをつけて mailman か root の権限で実行してください


例えば上記のようにエラーっぽいメッセージが表示された場合は表示されたメッセージに従い-fオプションをつけて再度実行します。「問題ありません」と表示されるまで下記のコマンドを繰り返し実行してください。「問題ありません」と表示されればOKです。

# /usr/lib/mailman/bin/check_perms -f


ここまででMailmanの設定は一旦終了です。



■Postfix設定変更

MailmanはPostfixと連携して動作しますので、Postfix側にもそれようの設定が必要となってきます。以下、main.cfの抜粋した設定内容です。


# vi /etc/postfix/main.cf

#alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_maps = hash:/etc/aliases, hash:/etc/mailman/aliases
#alias_database = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases, hash:/etc/mailman/aliases

allow_mail_to_commands = alias,forward,include


上記で指定しているMailmanのエイリアスファイル( /etc/mail/aliases ) を以下のコマンドで初期化し属性を正しく設定しておきます。

# /usr/lib/mailman/bin/genaliases
# chmod 666 /etc/mailman/aliases*


Postfixを再起動しておきます。

# systemctl restart postfix.service




最初の段階でサイトリストと呼ばれる管理用のメーリングリスト「mailman」をコマンドベースで作成しておきます。

# /usr/lib/mailman/bin/newlist mailman
リスト管理者のメールアドレスを入力してください: webmaster@unix-power.net
mailman の初期パスワード:
Enter を押して mailman の管理者にメール通知する...


/etc/mailman/aliases にリストが追加されます。

# more /etc/mailman/aliases

# This file is generated by Mailman, and is kept in sync with the
# binary hash file aliases.db.  YOU SHOULD NOT MANUALLY EDIT THIS FILE
# unless you know what you're doing, and can keep the two files properly
# in sync.  If you screw it up, you're on your own.

# The ultimate loop stopper address
mailman-loop: /var/lib/mailman/data/owner-bounces.mbox

# STANZA START: mailman
# CREATED: Tue Aug 19 16:08:30 2014
mailman:             "|/usr/lib/mailman/mail/mailman post mailman"
mailman-admin:       "|/usr/lib/mailman/mail/mailman admin mailman"
mailman-bounces:     "|/usr/lib/mailman/mail/mailman bounces mailman"
mailman-confirm:     "|/usr/lib/mailman/mail/mailman confirm mailman"
mailman-join:        "|/usr/lib/mailman/mail/mailman join mailman"
mailman-leave:       "|/usr/lib/mailman/mail/mailman leave mailman"
mailman-owner:       "|/usr/lib/mailman/mail/mailman owner mailman"
mailman-request:     "|/usr/lib/mailman/mail/mailman request mailman"
mailman-subscribe:   "|/usr/lib/mailman/mail/mailman subscribe mailman"
mailman-unsubscribe: "|/usr/lib/mailman/mail/mailman unsubscribe mailman"
# STANZA END: mailman


そしてmailmanとapacheを起動します。

# systemctl enable mailman.service
# systemctl start mailman.service
# systemctl restart httpd.service


http://url/mailman/adminで画面が見れれば成功です。




以下の画面からメーリングリストを作成することが出来ます。



画面最下部にある「リスト作成者の認証パスワード」は最初の段階でmmsitepassで設定したパスワードを入力します。MLに関する詳細な設定は全てWeb画面上から行うことが可能です。



 Copyright(C) 2003-2015 UnixPower on Networking All rights reserved.